アニマルセラピーとは

動物と触れ合うことで、精神的、身体的機能を向上させる療法の一つです。
動物との触れ合いによって、心が落ち着いたりストレスが軽減したりと精神的安定を得ることができます。
また、動物を抱いたり撫でたりすることで、弱まった運動機能の回復にも繋がります。
薬を使わず状態を良くする可能性がある治療法。
「犬」という動物を介しての人と人との心の触合いとも言えます。

動物がいることで人は優しくなれます
  • 尊心を高め、自ら自信を取り戻すことにつながります。
  • 孤独な気持ちに陥りがちな闘病中の方や障害者の方もセラピードッグやセラピストとの定期的な交流を通して気持ちが前向きになり、やる気や意欲を高めることにつながります。

アニマルセラピーの効果

医療費削減効果 年間1,350億円
※高齢者へアニマルセラピー 北大が試算

北海学園大学の研究で動物介在療法(Animal Assisted Therapy)を高齢者医療に導入した場合、コストを差し引いても年1,350億円の医療費削減効果があるという試算が報告されました。(2013)

欧米諸国では子供の精神治療・自閉症・高齢者のリハビリテーション等、動物の力は医療現場で広く導入され効果が認められています。

超高齢化が進む日本でもアニマルセラピーの認知症予防・改善効果に注目が集まっています。

アニマルセラピーは心の癒しから病気の治療まで幅広い効果があります。
見ているだけでなく「触れ合う事」が大切です。
動物が嫌いな方にも「嫌い!!」という感情が出ることで脳に刺激を与えられます。
表情の乏しくなった方に感情が生まれ人間らしい心を取り戻すことにつながります。

豆知識 動物との触合いで分泌される脳内物質

ヒトとイヌ両方で上昇

オキシトシン(幸せホルモン・絆ホルモン)

免疫力・自然治癒力・肺機能の向上血圧上昇の抑制

ドーパミン(快感ホルモン)

ワクワク感・高揚感・達成感などやる気や意欲を高める作用

βエンドルフィン(脳内モルヒネ)

高揚感・快感をもたらし痛みやストレスを麻痺させる作用

βフェニルエチルアミン

向精神作用や抗鬱効果があるとされる神経伝達物質

ヒトのみ減少

コルチゾール

強いストレスの際に上昇する神経伝達物質

※引用先:医療法人 高見台クリニック

アニマルセラピーを体験された方のお声を紹介

中央区 介護老人保健施設様
アニマルセラピーを導入する前にどんなことで悩んでいましたか?
笑顔がない方、人との触れ合いを避ける方、リハビリを拒否される方がいらっしゃったり、利用者様が受け身となり意欲や楽しみを見出す事が難しくなっていたりということに悩んでいました。
何が決め手となってこのアニマルセラピーを導入しましたか?
事務所が近く、連絡での打ち合わせや交渉が円滑に進み、お願いする運びとなりました。

実際に体験してみて

参加された利用者様全員が笑顔となり、積極的に触れ合っている姿がみられました。
また、普段はリハビリを拒否されていた方も自らセラピードッグに手を伸ばし撫でている姿もみられご家族も喜ばれていました。

千葉市 花見川区 ディサービス様
アニマルセラピーを導入する前にどんなことで悩んでいましたか?
会社が、生き物を社内へ入れることに反対しないか。
全ての利用者様が動物OKではないので、拒否がでないか。
何が決め手となってこのアニマルセラピーを導入しましたか?
自分が動物が好きなこともあり、1年以上前からどこかいいところはないかと探していました。

実際に体験してみて

犬に噛まれたことがあるからと遠くから見ていた方も、こちらから近寄って行くととても嬉しそうな顔をして「写真を撮ってほしい」などと言っていました。
とても嬉しかったです。
職員も一緒に癒されました。

千葉市 美浜区 介護付有料老人ホーム様
アニマルセラピーを導入する前にどんなことで悩んでいましたか?
生活していく中で、楽しんで頂けるイベントはないか考えていた。
何が決め手となってこのアニマルセラピーを導入しましたか?
ホームページの印象がよかった。

実際に体験してみて

「犬は好きじゃない」と話していた方も、ワンちゃんが来たら笑顔になり、普段とは違う表情を見ることができました。
また利用させて頂きたいと思います。

三郷市 介護付有料老人ホーム様
アニマルセラピーを導入する前にどんなことで悩んでいましたか?
動物と入居者の接触に関しての衛生面の危惧や、動物の急な反応、吠えたり、飛びかかったりしないか心配がありました。
何が決め手となってこのアニマルセラピーを導入しましたか?
アニマルセラピーの効果を信じております。

実際に体験してみて

入居者の皆様が笑顔になって、本当によかったと思っております。

浦安市 介護付有料老人ホーム様
アニマルセラピーを導入する前にどんなことで悩んでいましたか?
認知症の方で帰宅願望のある方や、周りの人に上手に溶け込めない方を、どうしたら活動的になれるか、笑顔が取り戻せるかが悩みでした。
何が決め手となってこのアニマルセラピーを導入しましたか?
大型犬が派遣されるとのことが決め手でした。

実際に体験してみて

入居者様の反応が思った以上に良かったです。
また、参加人数が以前の倍近くも増えました。
アニマルセラピーwithワンのスタッフさんもユニフォームが統一されて、衛生面でも配慮されていてとても良かったです。

千葉県 障害者施設様
アニマルセラピーを導入する前にどんなことで悩んでいましたか?
利用者様たちがワンちゃんを前にした際、どのような反応をするのかが心配でした。
何が決め手となってこのアニマルセラピーを導入しましたか?
2015年の夏休みのプログラムの一つとして導入を考えました。
プレ体験日を設けて頂き、利用者様の反応をみて「これなら大丈夫!」と思いました。

実際に体験してみて

大きなワンちゃんに利用者様が恐がるかと思いましたが、ご自宅でワンちゃんを飼っていらっしゃる方は積極的に触れていたことに驚きました。
また、始めは触れられなかった方が終了間際には自ら手を伸ばして撫でられるようになりました。
ワンちゃん達の癒しのパワーが通じたのではないでしょうか。
職員一同感動しました。
ありがとうございました。